2012年12月26日

二つの実例 - 意思決定とは何か <2> -

 P.F.ドラッカーは、アメリカのふたりの経営者の意思決定を例に出して、エグゼクティブが行うべき意思決定について分析をしています。ひとつは1910年代から20年代にベル電話会社を世界最大の電話会社に育て上げたセオドア・ヴェイルの四つの意思決定。もうひとつは、GMを世界最大の自動車会社に育て上げたアルフレッド・P・スローン・ジュニアの一つの意思決定です。結論から言うと、優れた意思決定とは、

「その時々の個々のニーズに対する対応としてではなく、戦略的な意思決定として取り組まれていた。それらの意思決定はすべて社会的なイノベーションをもたらすものだった。いずれも基本的な議論を引き起こすものだった。事実彼ら二人が行った五つの意思決定はすべて、当時誰もが知っていたことと正面から対立するものだった。」(『経営者の条件』上田惇生編訳)

 ということです。ふたりの意思決定の具体的な内容について、ここでは触れませんが、ぜひ読んでいただきたいなと思います。

 話は少し変わりますが、最近、不動産業を始める司法書士が多いのが気になります。
不動産業を始めた動機を聞くと、それ自体を収益化しようとするものと、売り物件を仲介業者に紹介することで仕事の受注につなげようとすることという二つの動機があるようです。動機については疑問を感じませんが、自分たちのクライアントは誰かということを忘れていないかと感じるようになりました。
 相続や債務整理などで任意売却をする不動産が出てきた場合、司法書士は最大限、所有者の利益を追求すべきでしょう。上記の二つの動機と所有者の利益が相反しないようにしなければ、司法書士は一方で「国民の権利保全」という隠れ蓑をまとい、そのことを信頼して財産の処分を任せてくれたクライアントの期待を裏切る、ということになります。自己否定につながりかねないわけです。

 P.F.ドラッカーがいうように、ヴェイルやスローンが行ったような「目先の利益ではない、戦略的な意思決定とは何か」、経営者として専門家として、よく考えてみたいものです。
 年の初めに考えるのに良いテーマではないかと思います。それではみなさま、よいお年をお迎えください。

カテゴリ:司法書士 マネジメント | コメント(0)

コメントを残す

*

リンク集

  • 山口毅のおもしろき世をよりおもしろく
  • 司法書士 求人 就職・転職支援サービス メンターエージェント | 司法書士で就職・転職をお考えの方はこちら!
  • 土地家屋調査士 求人 就職・転職支援サービス メンターエージェント | 土地家屋調査士で就職・転職をお考えの方はこちら!
  • 司法書士 人材採用支援サービス メンターエージェント | 司法書士の求人・採用をお考えの方はこちら!
  • 司法書士合格者・有資格者の方が事務所選びに成功するための就職・転職セミナーのご案内はこちら!
  • メンタリングサービス
  • 独立・開業を目指す司法書士の方へ。「司法書士開業塾」のご案内
  • 司法書士 事業承継支援サービス
  • 新しい時代のプロフェッショナルへのステップアップ講座
  • サイバーメンター
  • 専門家による専門家のための超実践的セミナー「メンタージャム」開催中
  • コンサルティングファーム