2012年09月24日

劣後順位の決定が重要 - 最も重要なことに集中せよ <4> -

 事務所を経営していると、ことの大小はともかく毎日のように何らかのトラブルにぶち当たります。
 従業員が辞めたいと言っている、クライアントからのクレームが来た、登記所から補正の連絡が、支払日にクライアントが入金してくれない、個人情報が漏えいした・・・・・・、その対応で確実に時間は取られてしまいます。「明日のための生産的な仕事」はたくさんあるのに、それに使える時間の量のなんと少ないこと!

 経営者は自分の時間を何のために使うのかを決定しなければなりませんが、上記のような「仕事の圧力」が経営者の時間を蝕んでいます。それによる弊害についてP.F.ドラッカーは次の3つをあげています。

「圧力に屈したときには重要な仕事が犠牲にされる。特に、仕事のうち最も時間を使う部分、意思決定を行動に変えるための時間がなくなる。」(『経営者の条件』上田惇生編訳)
「トップ本来の仕事がまったく行われなくなることである。トップの本来の仕事は、昨日に由来する危機を解決することではなく今日と違う明日をつくり出すことであり、それゆえに、常に後回しにしようと思えばできる仕事である」(『経営者の条件』上田惇生編訳)
「トップ以外の誰にもできないもう一つの仕事、すなわち組織の外部に注意を払うという仕事をないがしろにしてしまう。」(『経営者の条件』上田惇生編訳)

 また、事務所経営者が何をすべきかを自ら決定する場合でも、悩ましいことは、何をすべきかという優先順位ではなく、何を行わないかという劣後順位の決定だとP.F.ドラッカーはいいます。

「延期とは断念を意味することを誰もが知っている。延期した計画を後日取り上げることほど好ましからざるものはない。後日取り上げてももはやタイミングは狂っている。タイミングはあらゆるものの成功にとって最も重要な要因である。」(『経営者の条件』上田惇生編訳)

 タイミングを逸したことに取り組んでも成功はありません。時間は限られています。だから劣後順位を決めなければならないのです。
 しかし、劣後順位を決めることは優先順位を決めるより難しいことです。しなかったことを誰かが実行して、自分の機会損失になったら・・・・・・。そう考えると切り捨てることに躊躇してしまいますよね。

カテゴリ:司法書士 マネジメント | コメント(0)

コメントを残す

*

リンク集

  • 山口毅のおもしろき世をよりおもしろく
  • 司法書士 求人 就職・転職支援サービス メンターエージェント | 司法書士で就職・転職をお考えの方はこちら!
  • 土地家屋調査士 求人 就職・転職支援サービス メンターエージェント | 土地家屋調査士で就職・転職をお考えの方はこちら!
  • 司法書士 人材採用支援サービス メンターエージェント | 司法書士の求人・採用をお考えの方はこちら!
  • 司法書士合格者・有資格者の方が事務所選びに成功するための就職・転職セミナーのご案内はこちら!
  • メンタリングサービス
  • 独立・開業を目指す司法書士の方へ。「司法書士開業塾」のご案内
  • 司法書士 事業承継支援サービス
  • 新しい時代のプロフェッショナルへのステップアップ講座
  • サイバーメンター
  • 専門家による専門家のための超実践的セミナー「メンタージャム」開催中
  • コンサルティングファーム