2012年08月29日

一つのことに集中せよ(2) - 最も重要なことに集中せよ <2> -

 ちまたでは、「債務整理は下火だ」とか「先がないからやらない方がいい」との話がよくされます。確かに、過払い請求ができる案件は減少しましたが、多重債務者の人数はまだまだ多く、任意整理や破産などの案件はなくなることはありません。

 少し前まで債務整理業務は、それなりに広告すれば仕事が受注でき、それなりの処理をすればお客さまにも満足してもらえました。お客さまに選ばれるために努力する事務所はあまりなかったかもしれません。
 しかし、一部の事務所は債務整理という分野に特化し、エンドクライアントから支持を受け、その領域で勝ち残るために経営資源を集中させました。結果、そのような事務所への依頼は増え続け、いま現在も人手がたりず困っているという事務所もあります。

 なぜ、そのような差が生じたのか。あくまで私見ですが、司法書士は従来、閉ざされた非常に狭いマーケットで、しかも紹介チャネルに依存して仕事をするということに慣れきっていたので、エンドクライアントと仕事をすることの意味をほとんどの事務所は考えることができなかったからではないかと思っています。

 エンドクライアントに直接働きかけるモデルは債務整理以外にもあります。最近ですと相続周りのマーケットに次の市場をもとめている事務所も多いですね。しかし、債務整理であろうと相続周りであろうとマーケットの支持を受けられる圧倒的な力が最終的には必要です。うまくいっていない事務所の共通点は、仕事を受注することばかりに血道をあげて、サービスの内容、コスト、継続性など一つひとつの完成度が未熟であることのように感じます。

「二つはおろか、一つでさえ、よい仕事をすることは難しいという現実が集中を要求する。人には驚くほど多様な能力がある。人はよろず屋である。だがその多様性を生産的に使うには、それらの多様な能力を一つの仕事に集中することが不可欠である。あらゆる能力を一つの成果に向けるには集中するしかない。」(『経営者の条件』上田惇生編訳)

 P.F.ドラッカーがいうように、人は多くのことを同時並行的に行うことはできません。一つのことを着実に完成させ、戦略的にビジネスを発展させる、その視点が今の経営者には必要な気がします。

カテゴリ:司法書士 マネジメント | コメント(0)

コメントを残す

*

リンク集

  • 山口毅のおもしろき世をよりおもしろく
  • 司法書士 求人 就職・転職支援サービス メンターエージェント | 司法書士で就職・転職をお考えの方はこちら!
  • 土地家屋調査士 求人 就職・転職支援サービス メンターエージェント | 土地家屋調査士で就職・転職をお考えの方はこちら!
  • 司法書士 人材採用支援サービス メンターエージェント | 司法書士の求人・採用をお考えの方はこちら!
  • 司法書士合格者・有資格者の方が事務所選びに成功するための就職・転職セミナーのご案内はこちら!
  • メンタリングサービス
  • 独立・開業を目指す司法書士の方へ。「司法書士開業塾」のご案内
  • 司法書士 事業承継支援サービス
  • 新しい時代のプロフェッショナルへのステップアップ講座
  • サイバーメンター
  • 専門家による専門家のための超実践的セミナー「メンタージャム」開催中
  • コンサルティングファーム