2011年02月03日

成長するための原理  - 何によって憶えられたいか <6> -

 みなさんの事務所でも人を採用することがあるでしょう。でも、何のために人を採用するのでしょう。
 私は主に司法書士事務所の経営者の方から採用について相談を受けることが多いのですが、「今やっている仕事のなかで、自分でなくてもできる仕事がどれだけあるか考えてみてください。その時間が大量にあり、そのことが仕事を広げていくことのボトルネックになっているのであれば、そのことを任せられる方を探しましょう」と必ずアドバイスします。
 そして、採用した方に最初に伝えなければいけないことは「行うべきこと」だとも言っています。

「成果をあげるための第一歩は、行うべきことを決めることである。いかに効率があがろうとも、行うべきことを行っているのでなければ意味がない。しかる後に、優先すべきこと、集中すべきことを決めることである。そして、自らの強みを生かすことである。」(『プロフェッショナルの条件』上田惇生編訳)

 「行うべきこと」とは、経営者が「自分でなくてもできること」です。経営者の時間を作るために採用したのですから、それは必ずやってもらわなければなりません。
 次に伝えるのは、優先順位です。MUSTは優先し、WANTは後回しにします。その人の強みは、仕事ぶりを観察して判断しますし、その人にも判断してもらいます。

「自らの成長につながるもっとも効果的な方法は、自らの予期せぬ成功を見つけ、その予期せぬ成功を追及することである。ところが、ほとんどの人が問題にばかり気をとられ、成功の証を無視する。」(『プロフェッショナルの条件』上田惇生編訳)

 人の強みは成果、成功のなかにしか発見できません。そして、その成果や成功に注目し、そこを伸ばしていくことが人の成長につながります。
 「できないこと」を気にするのではなく、「できること」に着目して経営者自身と所員それぞれの成長につなげていきましょう。

カテゴリ:司法書士事務所のマネジメント | コメント(0)

コメントを残す

*

リンク集

  • 山口毅のおもしろき世をよりおもしろく
  • 司法書士 求人 就職・転職支援サービス メンターエージェント | 司法書士で就職・転職をお考えの方はこちら!
  • 土地家屋調査士 求人 就職・転職支援サービス メンターエージェント | 土地家屋調査士で就職・転職をお考えの方はこちら!
  • 司法書士 人材採用支援サービス メンターエージェント | 司法書士の求人・採用をお考えの方はこちら!
  • 司法書士合格者・有資格者の方が事務所選びに成功するための就職・転職セミナーのご案内はこちら!
  • メンタリングサービス
  • 独立・開業を目指す司法書士の方へ。「司法書士開業塾」のご案内
  • 司法書士 事業承継支援サービス
  • 新しい時代のプロフェッショナルへのステップアップ講座
  • サイバーメンター
  • 専門家による専門家のための超実践的セミナー「メンタージャム」開催中
  • コンサルティングファーム